コンクリート橋梁解体

コンクリート橋梁解体

複雑な解体ほど実力を発揮します

まず橋梁の構造を確認し、重量計算及び最適な解体工法を選定したプランニングを行います。コンクリート橋梁の解体は、床版を特殊切断機械(床版カッター・ウォールソー・ワイヤーソー)にて切断撤去をし、次に桁、最後に橋脚・橋台の切断撤去を行います。

歩道部撤去

歩道部撤去

張出(地覆)撤去

張出(地覆)撤去

橋台撤去

橋台撤去

主な工法

ダイヤモンドワイヤーソー工法

ダイヤモンドワイヤーソー工法

ダイヤモンドワイヤーソーによるコンクリート建造物の切断は、従来のブレードソーによる回転切断と異なり、切断物にダイヤモンドワイヤーを環状に巻き付け高速移動させて切断する方法で、特に大型の鉄筋コンクリート構造物の切断、解体に威力を発揮します。 また、本機は油圧駆動式なので騒音、振動が小さく、切断には切削水を使用するため粉塵の心配がなく、切断スピードが速いので大幅な工期の短縮になります。

コア・ボーリング工法

コア・ボーリング工法

ダイヤモンドコアにより、床版または橋台に穿孔します。主な用途として、ワイヤーソーのリード孔および切断ブロックの吊上げ用ワイヤーを通す孔として使用します。スタッドジベルまたは桁の位置確認としてコア穿孔する場合もあります。現場環境や工期などに合わせて他の工法を併用いたします。

コンクリート橋梁解体フロー

このページの先頭へ